10名未満の少人数グループ指導と1対1・1対2の担任個別指導のいいとこどり!!

第2回入試対策講演会

  • HOME »
  • 第2回入試対策講演会

第2回入試対策講演会:参加者の声掲載中

私立入試の仕組みについて 

お忙しい中、多くの方のご来室ありがとうございました。
講演会参加者の方からのお声を一部掲載させていただきます。

第2回入試対策講演会

私立入試の仕組みについて 

日程:5月28日(日)
時間:10:30~12:00
※日時が変わることもございます。
場所:育英進学会NEXT
対象:中学1年生~3年生
内容:【私立入試の仕組みについて】
・私立高校の特徴
・私立入試の現状と入試の種類
・埼玉県の補助金制度について
・保護者相談会や事前相談について
申込:最寄りの校舎にお電話でご連絡ください。

締切:5月19日(金)

今回の講演会は、私立入試のしくみについてお話します。
埼玉県の公立入試は現在1回のみの受験となっており(定員割れによる2次募集は除く)、もし公立高校に合格できなかった場合は、併願の私立高校に進学することになります。
私立高校を第一志望と考えている方はもちろん、公立高校を希望される方も、進路が変更になる場合を想定して私立高校のことをよく知っておきましょう。

ご案内

埼玉県公立高校の入試制度改編に伴い、県内私立高校はほとんど前期(1/22~24)の間に入試が実施されるようになっています。この期間に単願入試・併願入試が行なわれます。多くの学校で学校推薦(主に単願)や自己推薦(単願・併願)制度があり、内申による出願基準が設けられています。単願・併願入試とも3科の学力検査を実施する学校が多く、学力重視の選抜になっています。
後期(2月以降)に入試を設定している学校もありますが、募集枠は少なく2次募集的な面があります。
埼玉県内の私立高校では、他都県の私立高校で行なわれる中学校の先生と高校の先生による「事前相談」はありません。受験生は各高校で行なわれる学校説明会や個別相談会で、合格の見通しを聞きましょう。

中学3年生になってから頑張ると思っていませんか

3年生になると、部活に力をいれていた人・自主学習を怠っていた人も一生懸命勉強を始めます。部活終わってから勉強を頑張って逆転しようと思っていても、周りが頑張ってたり、3年生のテストに追われたりしてなかなか思うように自分の学習計画を進められません。
まずは、入試の仕組みなどの情報収集し、学習計画をしっかりたてて夏休みまでにしっかりした目標校を決めていかなければならない。

お気軽にお問い合わせください TEL 0120-1981-59 受付時間 平日11:00~20:00
時間外や土・日・祝は最寄りの校舎まで

PAGETOP
Copyright © Japan Education System Co., Ltd. All Rights Reserved.